油絵の参考書「1日で描くリアル油絵の基本」を買ったので軽い感想です。

こんにちは、marimyです。

少し前にですが、ぎゃらりぃあとさんの公募展『果てなき旅路』が無事終了しました。とりあえず現在参加予定のイベントなどありませんので余裕ができました。

というわけで、しばらくは基本に立ち返りまして油絵の練習をしようと思っています。

というわけで練習のためを買いました。

もう一つのブログにも書きましたが、

いろいろ仕切り直し^^;油絵の練習を始めるつもりです。 - mariring
こんにちは. ご無沙汰しておりました、marimyです。 ぎゃらりぃあとさんの公募展『果てなき旅路』も無事終わりました。 今のところ参加予定のイベントはありませんので、ブログの更新ももう少しできるかなと思います。 ただ、ブログに書くことがない… 何をしようかと考えた結果、ちょうど月の初めできりがいいですし、この機会にせ...

こちらの本

スポンサーリンク

1日で描くリアル油絵の基本 6色+白だけで多彩に描ける本格入門!
Amazonで大谷尚哉, 角丸つぶらの1日で描くリアル油絵の基本 6色+白だけで多彩に描ける本格入門!。アマゾンならポイント還元本が多数。大谷尚哉, 角丸つぶら作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また1日で描くリアル油絵の基本 6色+白だけで多彩に描ける本格入門!もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

ホビージャパンさん出版、大谷尚哉さん著、角丸つぶらさん編集

「1日で描くリアル油絵の基本 6色+白だけで多彩に描ける本格入門」です。

 

今のところ軽く読んだだけなのと、marimyがあまり本をよんで練習をするとかしてこなかったのでこの本がマスト!とかは言えませんが^^;

 

今回はその本についていいと思ったところを軽くレビューしたいと思います。

いいところ

説明が丁寧だと思います。

個人的にはタイトルにあるとおり油絵の基本ということで、基本部分に割かれているページが多くて初めて描くときには便利になるのかなと思います。

序盤のところくわしく見ていくと、この本使う絵具についての説明から、

混色の例、この本で使う色だけで作った色相環など色の説明。

画溶液や筆、筆洗液といったその他用具の説明

この後にはキャンバスの説明や描くものを置くための簡易的な舞台の作り方と続いています。

実際に描いていくページも、

写真点数が多くて分かりやすいのではないかと。

とにかく基本ということでとても丁寧に説明してくれている印象です。

よくない?ところ

この本で使わない道具の説明があっさりしている

例えばmarimyが画溶液を薄めるのに使ったり、描く途中で筆の軽く筆を洗うのに使っているターペンタインの説明とか。本中には軽く言葉が出てくる程度かなと思います。

ただ、その辺のものもこの本で描いているものにはなくても大丈夫ということで、慣れてきて他の本で勉強したりして後から追加しても問題はないと思います。

とりあえず、最初の一冊めとしてはありだと思います。

というわけで、油絵してみたいけど…何を用意したらいいのかわからないという方はとりあえずこの本から初めてみるのはありかなと思います。

とりあえず、marimyはしばらくはこの本に沿って油絵の練習をしたいと思っています。

とりあえずは最初?のレモンから^^

 

というわけで,今回はここまでです。

marimyの練習経過はもう一つのブログ

mariring
イラストと、やりたいこととやってみたことイロイロ

に書いていきたいと思っていますのでよければそちらも見てください。

それではまた、次もみていただけたら幸いです。

ありがとうございました。

コメント